(NASA調べ)

アパレル店員に切れ痔の人が多い理由

お洋服を買いに行くとショップ店員さんが色々な服を紹介してくれますよね。

 

ショップ店員さんは切れ痔とは遠い存在であると思われがちですが、

あの店員さんの9割近くが切れ痔である事が調査で判明しました。

 

 

そこで今回はショップ店員さんが切れ痔になる理由を紹介します。

以下の記事を参考に、切れ痔になるリスクをアパレル店員ではない人も下げておきましょう。

 

f:id:unexmemo:20170422011700j:plain

Contents

 

新品の衣類に付着している成分が肛門を刺激する

f:id:unexmemo:20170422012637j:plain

新品の衣類にはカビや虫食いから守るための特殊な薬剤が散布されています。

この薬剤に含まれているアセトアミアルデルフィンには身体に様々な影響を及ぼす事が分かっています。

特に水分と結合して排出される時に、皮膚に悪影響を及ぼします。

 

したがってアセトアミアルデルフィンは水分と結合して肛門から排出される時、肛門の繊細な皮膚を傷つけて、切れ痔の発症を促すのです。

アセトアミアルデルフィンは洗濯するとすぐに衣類から離れますが、新品の服に囲まれたアパレル店員はアセトアミアルデルフィンを常に吸収しているため、切れ痔になりやすいのです。

 

 

 コーディネートを考える時に、側頭葉が活性化し排便を促す

f:id:unexmemo:20170422013504j:plain

人間の脳は複雑で様々な使われ方をしますが、衣類のコーディネートを考える時は側頭葉を極度に使う事が知られています。

側頭葉は組み合わせなどを思考するときに活躍する脳なのです。

また、側頭葉には身体のバランスを調整する役割も担っていて、特に排泄活動は側頭葉の命令でなされているのです。

 

コーディネートを考える時に極度に使われた側頭葉が、同時に排便も促します。

つまり、アパレル店員は排便の回数が極端に多いことになります。

排便の回数が多いと、同時に肛門にかかる負担も大きくなるため、切れ痔になるリスクも増大しているのです。

 

 

 アパレル店員はだいたい辛いもの好き

f:id:unexmemo:20170422013648j:plain

アパレル店員は基本的に辛いものが好きですが、辛いものに含まれるカプサイシンは切れ痔の原因になります。

辛み成分であるカプサイシンは、消化・吸収されずに排泄されるため、粘膜を刺激し痔の原因になったり、痔を悪化させます。

 

また辛いものは便を硬くする効果もあります。

硬い便は排泄される時に肛門を傷つけ、切れ痔を引き起こします。

辛いものを食べた後は、水分を多く摂るなどして便を柔らかくする努力をしておきましょう。

 

 

アパレル店員はだいたい肛門を軽くみている

f:id:unexmemo:20170422013931j:plain

アパレル店員は基本的に肛門を軽くみていますが、切れ痔を未然に防ぐためには日々のケアが一番必要です。

切れ痔にならない一番の方法は、排便をした後に肛門を優しく拭くことです。

肛門の皮膚は非常に繊細で小さな刺激にも敏感に反応してしまいます。

 

アパレル店員は、このような基本的なことを怠っているため切れ痔が多いのです。

アパレル店員が肛門を軽くみる気持ちはわかりますが、日々のケアは忘れないように行いましょう。

 

 

まとめ

これ全部嘘です。

アパレル店員の皆様、本当にごめんなさい。

あなたに大学の友達ができない理由

新生活が始まり数週間が経過しました。

皆さんはいかがお過ごしでしょうか?

 

f:id:unexmemo:20170422005932j:plain

 

この記事を読んでいるあなたは恐らく、友達が全然できない...なんて悩みを抱えている人か、タイトルがすげー喧嘩腰でムカつくなと思っている人のどちらかだと思います。後者には全身全霊で謝りたいです。本当は悪い子ではないんです。

 

そこで今回は前者の方々のために、友達ができない理由を挙げてみたいと思います。

ひょっとするとこれかも?といった思い当たるものがあれば、改善するだけできっとすぐに友達はできると思いますよ。

 

普段の自分の大学生活をよく振り返りながら見てください。

 

 

続きを読む

花粉症でもう悩まない。簡単にできる対策3つ

 

一般的に2月から4月くらいまで、花粉が飛散する。

スギやヒノキの花粉に対するアレルギーを持っている人は、鼻や目などに症状が出る。

鼻水や目のかゆみなどが花粉症の一般的な症状である。

 

花粉症で辛い思いをしないために、事前に対策をしておくのが重要だ。

実際に効果があったものから、簡単に出来るものを紹介する。

 

  Contents

 

定期的に水を飲む

f:id:unexmemo:20170220101759j:plain

花粉症というのは、空気中に飛散した花粉が、目や鼻の粘膜に付着する事で症状がでる。

粘膜というのは常に生成され消滅しているため、花粉の少ない時期は粘膜の再生成によってアレルギー反応が出ない。

ただ、花粉の飛散量が多くなると、花粉が粘膜に長く付着した状態になるためアレルギー反応が出る。

 

花粉の多い時期には粘膜の生成を助けることで、花粉症の症状が出なくなるのだ。

つまり、粘膜を強いものにしてアレルギー反応が出ないようにするのである。

粘膜の主成分は水分であるため、体内に水を補給することによって粘膜の生成を促す。

 

1時間おきに500mlの水を摂取することで、粘膜の生成を促すのが良いと言われている。

経口補水液などは水よりも吸収率が高いため、なお良い。

 

ルッコラを脇に擦り付ける

f:id:unexmemo:20170220101820j:plain

脇には多くの神経がある。

この中で、大峰神経は主に鼻や目の粘膜の調整の役割を担っている。

大峰神経を刺激することで、粘膜を良い状態にしておくのが続いての方法だ。

 

ルッコラは、鉄分、カルシウム、ビタミンCが豊富な植物である。

大峰神経は鉄分とビタンミンCを与えてやることで活性化する神経であるため、ルッコラを脇に擦り付けることで、鉄分とビタミンCを補給する。

これは効き目が長い方法で、外出前に一枚のルッコラの葉を両脇に擦り付けるのが良いと言われている。

 

同じ側の手と足が同時に出るように歩く

f:id:unexmemo:20170220101834j:plain

 

いわゆるナンバという歩行法である。

右手を前に出すとき、同じタイミングで右足を前に出しながら歩く。

逆もまた然りである。

 

ナンバは、大峰神経だけでなく中峰神経や小峰神経、さらには微小峰神経まで刺激する優れものである。

出来ることなら、花粉が舞う季節は常にこの歩き方を心がけたいが、恥ずかしい方は家の中だけでもナンバをするべきである。

微小峰神経は体調の管理を全て司る神経であるため、花粉症以外にも効果的である。

 

まとめ

これ全部嘘だから、絶対真似しないでね。

特にナンバとかしてたら恥ずかしいから(笑)

 

あなたは大丈夫?傷つく恋をしがちな女性の特徴5パターン

 

恋をしているとワクワクして幸せな気持ちなります。

でも、恋は終わる可能性もあります。

あなたは、恋が終わったとき傷ついていませんか?

 

傷つく恋をしてしまう女性には、ある共通した特徴があるようです。

今回は6つの傷つく恋をしがちな女性の特徴を紹介します。

これが自分に当てはまってないか確かめて、泣かない女の子を目指しましょう。

 

 

f:id:unexmemo:20170215220547j:plain

 

Contents

 

メイクはそのままでベッドに朝が来ちゃって

彼と上手くいかず悩む時間が多くなるとやる気が減衰していくため、メイクを落とす事を忘れる女性が多いようです。

恋人と喧嘩した日にも、寝るときはしっかりメイクを落とす事を心がけましょう。

 

化粧を落とさずに寝てしますと、肌に悪い事だらけです。

化粧品に含まれている物質によって、シミやくすみなどの肌トラブルの原因となります。

肌はデリケートなものであるため、化粧の落とし忘れは肌を傷つけてしまいます。

 

慣れない事に追われる毎日は

慣れない事というのは非常に神経を使うものです。

恋人は大切な人であるけれど、やっぱり他人である事には変わりありません。

価値観が違うために慣れない事に追われやすいです。

 

肌荒れの原因の一つにストレスがあります。

慣れない事に追われるとストレスが溜まるばかりです。

肌を傷つけないように、ストレスを溜めないようにしましょう。

 

作り笑いも長くは続かなくて

 付き合い始めた頃のドキドキを忘れた頃、笑顔がなくなってきていませんか?

仲の良いカップルになるためには笑顔を絶やさない事が重要です。

作り笑いでも良いので笑顔をキープしておきましょう。

 

笑顔を作るには、顔全体の筋肉を動かす必要があります。

顔の筋肉を動かすことは、血の流れを促進につながります。

顔の血流を良くすることで、傷ついた肌を自己再生してあげましょう。

 

甘いキス 虜になってしまえば

 彼からの甘いキス。

きゅんとするシュチュエーションですが、キスも肌を傷つけてしまう原因になります。

 

唾液に含まれる酵素には、肌を傷つけるものがあります。

酵素は毛穴から進入することによって、肌荒れの原因となります。

甘いキスに虜になってしまうと、この積み重ねで肌を傷つけてしまいます。

 

今日も自分らしく泣いていたいの 

自分勝手な男っていますよね。

気づいた頃にはただのおもちゃみたいに扱われることもあります。

そんなとき自分らしく泣いちゃう人もいるでしょう。

ただ、涙も肌を傷つける原因なんですよ。

 

涙に含有しているリン酸塩は、強酸です。

涙が顔を伝うとき、この強酸であるリン酸塩は肌を破壊しています。

少量なら問題ありませんが、日常的に泣いている人は注意が必要です。

 

まとめ 

 恋をしていると、肌を傷つけてしまうことがたくさんありますね。

肌を傷つける恋をしている人は気をつけておきましょう。

ひとつ言えることは「女の子は泣かない」方が良さそうです。

 

「もらえなかった」87%!?2017年全国バレンタイン統計調査の結果をみて思うこと

今年もまた"この日"が終わった。

そう。バレンタインデーである。

今回は、今年のバレンタインデーに関する調査で驚きの結果が出たため、まとめていきたい。

 

f:id:unexmemo:20170214232522j:plain

 

ひょっとすると世間の男性にとっては朗報となるかもしれない。

 

 Contents

 

 

バレンタインデーでチョコをもらえる確率は13%!?

世間であまり広く知られてはいないが、毎年、バレンタインに関する調査を行う機関がある。

全国統計局である。

 

ここでは毎年、国勢調査や政治に関するアンケートを行っているが、ときには季節のイベントなどのアンケートも行っているのである。

もちろんバレンタインも例外ではない。

 

そこでのアンケートの一つに、「今年チョコレートをもらったか(義理チョコ含)」という興味深いものがあった。その結果を以下に紹介したい。

 

f:id:unexmemo:20170214230300j:plain

このグラフを見ると、「もらった」と回答した人は13.3%。

全体の15%にも満たないのである。

 

 

追いかけているのはマスコミと製菓会社の作り出した幻影

「チョコレートをもらえなかった」という劣等感を感じている者は多いだろう。

 

しかし本当に劣等感を感じる必要があるのだろうか?

 

果たして世間にそれほどバレンタインは根付いているのだろうか?

 

気になった筆者は全国の流行を調査する(株)トレンドスタイルに尋ねることにした。

 

担当S氏によると、

 

・バレンタインという行事に積極的なのは中高生くらい。

・騒いでいるのはテレビやCMだけ。

・一般世間ではチョコレートを溶かして固める行為の意味を未だに理解できていない。

 

 

との事だった。

 

 

バレンタインに成立したカップルが別れる確率は...

最初の項目で紹介した全国統計局の調査に更に興味深いものがあった。

バレンタインに成立したカップルが別れる確率である。

 

結果は以下の通りであった。

f:id:unexmemo:20170214231857j:plain

 

このグラフを見ると、「それ以外」が全体の98%を占めていることがわかる。

 

原因として考えられるのは、やはり大胆にも選択肢にマイナーどころを二つぶちこんでしまったことではないだろうか。

 

えんがわの独特な歯応えやしめさばのさっぱり感は、魅力はあるが一番にはなりにくいのだろう。

 

 

まとめ

まあ、全部嘘なんですけどね。

バレンタインが充実してたやつはみんなしめさばにでもなれ。

1位はまさかの・・・!みんなが飲んでいる牛乳をランキング形式で紹介!

 

牛乳は健康に良い、悪いなどの、何かと議論を呼ぶことが多く飲み物です。

大人になって飲む機会が減っている方もいるのではないでしょうか。

それに対して私のように毎日飲んでいる人もいます。

 

今回は、牛乳ファンの方もそうでない方にも知って欲しい、牛乳の人気ランキングをアンケート調査をもとに作りました。

「普段飲んでいる・飲んだ事のある牛乳は何ですか?」という質問で、街頭調査を中心に200名の方から回答を得る事が出来ました。

 このランキングで好きな牛乳が見つかると幸いです。

 

 それでは見ていきましょう。

 

5位 水牛

f:id:unexmemo:20170214233342j:plain

 

5位には、2票を集めた水牛がランクインしました。

水牛の乳は、脂肪分が非常に高く加工品などに用いられる事が多いそうです。

あまり聞かない水牛ですが、インドやタイなどに分布しているようです。

 

「独特の風味があるね。時々飲んでるよ。」 (40代男性Sさん/営業職)

 

 

4位 ジャージー種

 

f:id:unexmemo:20170214233514j:plain

 

4位には、18票を集めたジャージー種がランクインしました。

ジャージ乳は乳質が濃厚で根強いファンを獲得しているようです。

また、ジャージー種は頭数が少ないことに加え、乳量も少ないため、高級品のイメージがついています。

 

「マイルドなのにコクがあって最高だね。」(40代男性Sさん/営業職)

 「熊本ではジャージー牛乳が有名なんですよ!」(20代女性Kさん/学生)

 

3位 豆乳

f:id:unexmemo:20170214233535j:plain

3位には、32票を集めた豆乳がランクインしました。

豆乳は、大豆をすりすぶして水に加えた後、煮詰めた汁の事です。

コーヒーと混ぜたり、果汁を加えて飲む事も多いようです。

 

「飲むと肌の調子が良くなるんですよ。」(40代女性Tさん/主婦)

「牛乳としてカウントしていいのか・・?」(40代男性Sさん/営業職)

 

2位 ホルスタイン

 

f:id:unexmemo:20170214233558j:plain

 

2位には、121票を集めたホルスタイン種がランクインしました。

ホルスタイン種は、乳量が多く乳脂肪率が低いことから乳牛として非常に優れた種です。

日本で最も飼育されている乳牛の種は、このホルスタイン種であり、私たちが普段飲んむ牛乳は、そのほとんどがホルスタイン種の乳です。

 

「覚えている限り、これしか飲んだことないです。」(30代男性Yさん/フリーター)

「日常的に飲んでいるのはこれだね。特徴が少なく、飲みやすいよ。」(40代男性Sさん/営業職)

 

1位 母乳

f:id:unexmemo:20170214233630j:plain

 

栄えある1位に輝いたのは、180票を集めた母乳でした。

母乳は、人間の母親の乳房から分泌される白色透明の液体です。

特に0歳から1歳の時に飲んだという意見が多く、2位に大差をつけて堂々の1位となりました。

 

「やっぱ母乳ですねー。じわる〜(笑)」(0代男性Rくん/赤ちゃん)

 「飲んだらホッとしますね。目が乾くのが気になりますが。」(0代女性Sちゃん/赤ちゃん)

 「特別な日に飲むね。これも牛乳なのか・・・?」(40代男性Sさん/営業職)

 

まとめ

牛乳にも様々な種類があるんですね。

まあ、アンケート取ってないし、これ全部嘘です。

ごめんね。

 

大昔の四国は黒人しかいなかったこと知ってた??

 

今となっては日本人の肌の色はみんな同じように見える。

我々の常識ではヨーロッパには白人が多く、アフリカには黒人が多く、そしてアジアには黄色人が多くいるという事になっている。

 

しかし最近になって、日本という国にも黄色ではない肌の色をした人種がいたという事が解明されつつある。

そして驚くべきことに、大昔の四国に黒人が多くいた証拠が出てきたのである。

これは地質の調査や化石の発掘により最近明らかになってきたことであるため、一般的な常識になるには時間がかかりそうではあるが、四国には確かに黒人王国が存在していたのだ。

 

f:id:unexmemo:20170212192625g:plain

Contents

 

肌の色は何で決まるのか

肌の色はメラニンによって決まっている。

肌のメラニンは太陽光などに含まれる紫外線をうけることで、日焼けにより沈着する。

この沈着が肌の色を黒色へと導いているのだ。

 

太陽光が強くない地域ではメラニンの沈着が起きにくく、肌は白色を保ったままとなる。

現在のように地域ごとに肌の色に違いが出てくるのは、その地域の紫外線の量と関係しているためである。

つまり、紫外線が多い赤道直下の地域ほど肌が黒色に成りやすく、緯度が上がるにつれて肌は白色に成る。

 

また、肌の色は遺伝子にも組み込まれるものであるため、子も親と同じ肌の色になることがほとんどである。

 

 地質学による四国に黒人がいた証拠

 赤外線と肌の関係から四国に黒人がいた事を考察するのは後でするとして、地質学的観点から四国に黒人がいたことを証明する。

 

まず、次の写真を見て欲しい。 

f:id:unexmemo:20170212183525j:plain

▲地層は下が古い層で、上にいくほど新しい層になる

 

この写真は中国・四国地方を専門とする地質調査チームによって、四国の四万十市で撮影されたものである。

調査チームの測定から、この地層は一番下の層は3千年前のものであることがわかっている。

 

注目してほしいのは、地層の最下部の黒色の層だ。

この層は明らかに黒色である。

 これは3千年前には既に四国に肌の黒い人が存在していた証明であることにほかならない。

 

また次に注目すべきは新しい層だ。

新しい層は茶色から黄色といった色をしている。

つまり新しい層では肌の黄色の人が存在していることを証明している。

 

この結果を踏まえて、ロータリー式三重管サンプラーを用いて計算すると、四国に肌の黒い人が存在していたのは約2千年前までであることがわかった。

 

 化石によって四国に黒人がいたことが証明された

地層によって四国に黒人がいたことは明らかであるが、最近になってこれを決定付ける化石が徳島県の東原遺跡で発見された。

 

 

f:id:unexmemo:20170212185610j:plain

 ▲東原遺跡で発掘された古代人の頭蓋骨

 

もう皆様おわかりであろうが、明らかに黒色である。

これは文句のつけようがない証拠と言える。

またこれが徳島県で発掘されたことから、約2千年前まで存在していた黒人は四国全体に広がっていたこともわかる。

 

四国と紫外線の関係

上記に示した通り、四国に黒人が存在していたことは明らかであるが、肌の色はメラニンと紫外線の関係によって決まっているため、こちらも考察していきたい。

 

四国を代表する県のひとつである高知県の特産品をご存知であろうか?

それはなすである。

高知はなすの総生産量が300,000tを超えていて、これは堂々の全国一位である。

 

f:id:unexmemo:20170212190719j:plain

▲高知のなす

 

なすの発育に特に必要なものは日光である。

高知ではこの日光が大量に降り注ぐため、なすの生産量が全国一位である。

 

また、もう皆様お気づきであろうが、なすを見ると一目瞭然、真っ黒である。

野菜の中でこれほどの黒を出せる野菜は他にない。

なすもまた、大昔の四国に黒人がいたことを証明している。

 

 

まとめ

これ、全部嘘です!

四国に黒人がいたなんて事実、全くないと思います。