(NASA調べ)

【速報】朝起きれない原因は〇〇だった!?原因はアノ生活習慣

冬場になると朝起きられない者は少なくないだろう。

かくいう私もその一人である。

目覚ましをかけようと少し早く寝ようと関係なく布団から出られないものである。

 

f:id:unexmemo:20170212163246j:plain

 

しかし、それにはれっきとした理由と対処法があったのだ。

 

 Contents

 

 

朝起きられない理由は〇〇

昨年東京大学の研究チームによって、寝起きが悪い原因の一つとしてビタミンB7不足が関係していることが証明された。

 

ビタミンB7には血液を流れやすくするはたらきがある。

血中のビタミンB7の濃度が低いと、起きる前に血を脳に運搬する速度が遅くなり、朝起きられないという現象に繋がるわけである。

 

 

改善策はこれだ!

改善策として一番良いものはビタミンB7が多く含まれる食材を摂取することだろう。

 

ビタミンB7はグリーンピースや三つ葉、パセリやカイワレ大根など、料理の上に添えがちな野菜に多く含まれる。

 

これらの野菜は料理の見栄えを良くするだけでなく、健康にもいい影響を及ぼしていたというわけである。

 

 

サプリメント

カナダの製薬会社が開発したサプリメントに「Neo Kiyoknal(ネオ・キヨクナール)」というものがある。

これは日本では一部の通販でのみ購入可能だが、アメリカや欧州では薬局などで広く取り扱われており、朝の体質改善に用いられている。

 

Amazonでも購入できるので、本当に困っている人は試してみるのもよいだろう。

 

f:id:unexmemo:20170212163014j:plain

▲Neo kiyoknal(橙色のカプセル)

 

 

まとめ

まあ、全部嘘なんですけどね。

結局自分の甘さですわ。

絶対に失敗しないラブレターの書き方

 

好きな人に告白するのはとても勇気が必要です。

失敗したらどうしよう・・・

告白する時、絶対に失敗しない方法があったら素敵だと思いませんか?

 

告白の方法は色々ありますが、成功率が高いと言われているラブレターによる告白に焦点を当ててみます。

ラブレターを書く上で、絶対に失敗しない書き方を経験と体験談を元にまとめてみました。

 

f:id:unexmemo:20170212092849j:plain

  

 

  Contents

 

 何を伝えたいのか明確にする

告白といっても、「好きです。付き合って下さい。」だけでは味気ないですよね。

これだけではラブレターを作る意味がありません。

ラブレターは想いを紙いっぱいに書けるわけですから、味付けしていきましょう。

 

相手の何が好きか、どれほど好きか、告白を成功させることだけに着目せずに、自分の想いをラブレターに込めて下さい。

心がけることは、ラブレターに想いをどれだけ詰め込めるかです。

そのようなラブレターは、貰った人も嬉しいはずです。

 

 

下書きを作る

何を書くか決まったところでラブレターを作っていきましょう。

ここで便箋に手を伸ばしたあなた。

失敗しますよ。

 

いざ紙に書くとなると、頭の中に構想があっても上手く文章にできないものです。

まずは完璧な下書きを作りましょう。

下書きを作るときのポイントは、緊張しないことです。

緊張していたら肝心なことを書き忘れることがあるため、落ち着いて書いていきます。

 

 

鉛筆で書く

それでは実際に告白で使用する便箋に書いていきましょう。

下書きで書いたものを便箋に写していきます。

 

この時、絶対に鉛筆で書いてください。

ボールペンなど消えないペンで書いてしまうと、文字の誤りがあれば、そのラブレターは失敗です。

相手に渡す以前の問題です。

 

鉛筆で書いておけば、文字の誤りがあった場合でも消しゴムで消すことができます。

この方法を用いることによって失敗のリスクを減らしていきましょう。

 

 

便箋は多めに用意しておく

 ラブレターを鉛筆で書いたとしても、消しゴムで誤字を消す時に勢い余って紙を破いてしまうことがあります。

破れた便箋はラブレターとして最低です。

破れた時点でそのラブレターは失敗と言えるでしょう。

 

そこで、そのような時の対策として便箋を多めに用意しておくといいでしょう。

備えあれば憂いなしです。

私のこれまでの経験から便箋は最低でも10枚ほど買っておくのが良いとわかっています。

 

 

 清潔な空間でラブレターを書く

ラブレターは良い環境下で書く必要があります。

一番やってはいけないことが、ダイニングテーブルでラブレターを書くことです。

 誤字脱字やしわが一切ないラブレターが出来たとしても、油や醤油のシミがあればそのラブレターは失敗と言えるでしょう。

 

ダイニングテーブルには紙に悪い様々な罠があります。

これは書斎のデスク、リビングのこたつなどにも同様に紙に良くないトラップが多くあります。

 

このような場所でラブレターを書く場合、最初に机や台などを清潔にすることを心がけましょう。

綺麗な布巾で机を清潔な状態にします。

机の汚れが紙に付いた時点で、そのラブレターは失敗です。

 

f:id:unexmemo:20170212093122j:plain

 ▲手も洗っておくように

 

 

まとめ

紹介した5項目を全てこなすことで、絶対に失敗しないラブレターを書くことができます。

誰が見ても綺麗で汚れがひとつもないラブレターを作ってみましょう!

 

 

【驚愕の真実】バレンタインデーの本当の意味【2月14日】

 

そろそろバレンタインデーの季節である。

世間の男子諸君はそわそわしている頃であろう。

2月14日に女性から男性へチョコを贈る風習があるが、これは実は本来とは違った形となっている。

 

f:id:unexmemo:20170212034845j:plain

 

そこで今回はバレンタインの本来の意味について述べていきたい。

 

 Contents

 

 

元々は甘いものを控える日だった?

2月14日というのは、日本で始めて虫歯による死亡が確認された日である。

1796年2月14日に讃岐藩(現在の香川県)に住む春間太蔵(はるまたいぞう)が虫歯による激痛のため自殺した。

 

藩の人気者であった太蔵への追悼の意を込めて、この日は甘いものを控える日として讃岐藩の掟に制定された。

 

つまり2月14日は元々、甘いものを控える日だったのである。

 

 

2月14日にチョコを贈るようになった真相

それではなぜ2月14日にチョコレートを贈るようになったのだろうか。

 

掟が制定され長い間、この日に甘いものを食べることは禁忌とされてきた。

しかし、それが転じて「そんな日であっても禁忌を破るほどの好意を伝える」という意味で、2月14日に甘いものを大切な人に贈る風習が讃岐藩で流行した。

 

やがて、この風習が薩摩藩長州藩に広まり、時が経ち明治初期にこれに目を付けた製菓会社が、2月14日をバレンタインデーとして「チョコレートを想い人に贈る日」と広めた。

 

 

なぜ「バレンタインデー」と呼ばれるのか

これは諸説あるが、最も有力な説として自殺した讃岐藩の春間太蔵の名前からきたものが挙げられる。

 

つまり、はるまたいぞう→はれまたいぞう→ばれんたいん→バレンタイン、となったのである。

 

虫歯で自殺した太蔵にとっては思いもしなかった結果であろう。

 

f:id:unexmemo:20170212035030j:plain

▲春間太蔵(といわれている人物)

 

 

まとめ

まあ、全部嘘なんですけどね。

 

 

ドリンクバーの原料は全部同じだった!?

 

普段ファミレスなどで飲み物を飲むことは多いと思う。

ふと考えたのだが、あの小さな機械であんなにたくさんの種類のジュースを作ることができるのだろうか。

一体中身はどうなっているのだろうか。

そう思った僕は、ドリンクバーの仕組みについて調べてみた。

 

f:id:unexmemo:20170212030020j:plain

 

 Contents

 

 

ドリンクバーの原料は全部砂糖水だった!?

ドリンクバーの成分を某ファミリーレストランの協力のもと独自に調査した結果、ほぼ全ての原材料は砂糖と水であることが判明した。

 

実際に鼻をつまんで飲んでみると、すべて同じ味であることがわかる。

 

よくよく考えると、あれほど小さな機械にたくさんの種類のジュースが入るはずがないことは火を見るよりも明らかである。

 

 

ドリンクバーの機械の製造会社に問い合わせてみた

真相を確かめるべく、実際にドリンクバーの機械を製造している、群馬県のC社に問い合わせてみた。

 

担当者のA氏によると、

 

・現状では全国の90%以上のドリンクバーは砂糖水のみで稼働している

・香料などは一切使用しておらず、砂糖水と着色料のみでジュースを作っている

 

 との回答が得られた。

 

 人間の味覚とはつくづく当てにならないものである。

 

 

ドリンクバーの歴史

ドリンクバーの始祖となったものは、旧松下電器の創始者松下幸之助が考案した「多種類飲料管理機」である。

f:id:unexmemo:20170212025459j:plain

▲多種飲料管理機

 

これは氏がコーヒーと緑茶を愛し、二つの飲み物を一つの機械で作ることはできないだろうか、と考えたことから製作が始まったと言われている。

 

そこから改良が進み、1967年に10種類の飲料を一括に管理できる「多種類飲料管理機Ⅱ」が開発され、世間の飲食店にも利用されるようになった。

 

しかしあまりにも機械が大きすぎることや、飲料を入れる手間がかかることから、現在のドリンクバーのように砂糖水と着色料だけで飲料を作成する機械が作られるようになり、多くの飲食店に広まることとなった。

 

f:id:unexmemo:20170212040526p:plain

 

 

まとめ

まあ、全部嘘なんですけどね。