(NASA調べ)

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

アパレル店員に切れ痔の人が多い理由

お洋服を買いに行くとショップ店員さんが色々な服を紹介してくれますよね。

 

ショップ店員さんは切れ痔とは遠い存在であると思われがちですが、

あの店員さんの9割近くが切れ痔である事が調査で判明しました。

 

 

そこで今回はショップ店員さんが切れ痔になる理由を紹介します。

以下の記事を参考に、切れ痔になるリスクをアパレル店員ではない人も下げておきましょう。

 

f:id:unexmemo:20170422011700j:plain

Contents

 

新品の衣類に付着している成分が肛門を刺激する

f:id:unexmemo:20170422012637j:plain

新品の衣類にはカビや虫食いから守るための特殊な薬剤が散布されています。

この薬剤に含まれているアセトアミアルデルフィンには身体に様々な影響を及ぼす事が分かっています。

特に水分と結合して排出される時に、皮膚に悪影響を及ぼします。

 

したがってアセトアミアルデルフィンは水分と結合して肛門から排出される時、肛門の繊細な皮膚を傷つけて、切れ痔の発症を促すのです。

アセトアミアルデルフィンは洗濯するとすぐに衣類から離れますが、新品の服に囲まれたアパレル店員はアセトアミアルデルフィンを常に吸収しているため、切れ痔になりやすいのです。

 

 

 コーディネートを考える時に、側頭葉が活性化し排便を促す

f:id:unexmemo:20170422013504j:plain

人間の脳は複雑で様々な使われ方をしますが、衣類のコーディネートを考える時は側頭葉を極度に使う事が知られています。

側頭葉は組み合わせなどを思考するときに活躍する脳なのです。

また、側頭葉には身体のバランスを調整する役割も担っていて、特に排泄活動は側頭葉の命令でなされているのです。

 

コーディネートを考える時に極度に使われた側頭葉が、同時に排便も促します。

つまり、アパレル店員は排便の回数が極端に多いことになります。

排便の回数が多いと、同時に肛門にかかる負担も大きくなるため、切れ痔になるリスクも増大しているのです。

 

 

 アパレル店員はだいたい辛いもの好き

f:id:unexmemo:20170422013648j:plain

アパレル店員は基本的に辛いものが好きですが、辛いものに含まれるカプサイシンは切れ痔の原因になります。

辛み成分であるカプサイシンは、消化・吸収されずに排泄されるため、粘膜を刺激し痔の原因になったり、痔を悪化させます。

 

また辛いものは便を硬くする効果もあります。

硬い便は排泄される時に肛門を傷つけ、切れ痔を引き起こします。

辛いものを食べた後は、水分を多く摂るなどして便を柔らかくする努力をしておきましょう。

 

 

アパレル店員はだいたい肛門を軽くみている

f:id:unexmemo:20170422013931j:plain

アパレル店員は基本的に肛門を軽くみていますが、切れ痔を未然に防ぐためには日々のケアが一番必要です。

切れ痔にならない一番の方法は、排便をした後に肛門を優しく拭くことです。

肛門の皮膚は非常に繊細で小さな刺激にも敏感に反応してしまいます。

 

アパレル店員は、このような基本的なことを怠っているため切れ痔が多いのです。

アパレル店員が肛門を軽くみる気持ちはわかりますが、日々のケアは忘れないように行いましょう。

 

 

まとめ

これ全部嘘です。

アパレル店員の皆様、本当にごめんなさい。

広告を非表示にする