(NASA調べ)

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

花粉症でもう悩まない。簡単にできる対策3つ

 

一般的に2月から4月くらいまで、花粉が飛散する。

スギやヒノキの花粉に対するアレルギーを持っている人は、鼻や目などに症状が出る。

鼻水や目のかゆみなどが花粉症の一般的な症状である。

 

花粉症で辛い思いをしないために、事前に対策をしておくのが重要だ。

実際に効果があったものから、簡単に出来るものを紹介する。

 

  Contents

 

定期的に水を飲む

f:id:unexmemo:20170220101759j:plain

花粉症というのは、空気中に飛散した花粉が、目や鼻の粘膜に付着する事で症状がでる。

粘膜というのは常に生成され消滅しているため、花粉の少ない時期は粘膜の再生成によってアレルギー反応が出ない。

ただ、花粉の飛散量が多くなると、花粉が粘膜に長く付着した状態になるためアレルギー反応が出る。

 

花粉の多い時期には粘膜の生成を助けることで、花粉症の症状が出なくなるのだ。

つまり、粘膜を強いものにしてアレルギー反応が出ないようにするのである。

粘膜の主成分は水分であるため、体内に水を補給することによって粘膜の生成を促す。

 

1時間おきに500mlの水を摂取することで、粘膜の生成を促すのが良いと言われている。

経口補水液などは水よりも吸収率が高いため、なお良い。

 

ルッコラを脇に擦り付ける

f:id:unexmemo:20170220101820j:plain

脇には多くの神経がある。

この中で、大峰神経は主に鼻や目の粘膜の調整の役割を担っている。

大峰神経を刺激することで、粘膜を良い状態にしておくのが続いての方法だ。

 

ルッコラは、鉄分、カルシウム、ビタミンCが豊富な植物である。

大峰神経は鉄分とビタンミンCを与えてやることで活性化する神経であるため、ルッコラを脇に擦り付けることで、鉄分とビタミンCを補給する。

これは効き目が長い方法で、外出前に一枚のルッコラの葉を両脇に擦り付けるのが良いと言われている。

 

同じ側の手と足が同時に出るように歩く

f:id:unexmemo:20170220101834j:plain

 

いわゆるナンバという歩行法である。

右手を前に出すとき、同じタイミングで右足を前に出しながら歩く。

逆もまた然りである。

 

ナンバは、大峰神経だけでなく中峰神経や小峰神経、さらには微小峰神経まで刺激する優れものである。

出来ることなら、花粉が舞う季節は常にこの歩き方を心がけたいが、恥ずかしい方は家の中だけでもナンバをするべきである。

微小峰神経は体調の管理を全て司る神経であるため、花粉症以外にも効果的である。

 

まとめ

これ全部嘘だから、絶対真似しないでね。

特にナンバとかしてたら恥ずかしいから(笑)