(NASA調べ)

絶対に失敗しないラブレターの書き方

 

好きな人に告白するのはとても勇気が必要です。

失敗したらどうしよう・・・

告白する時、絶対に失敗しない方法があったら素敵だと思いませんか?

 

告白の方法は色々ありますが、成功率が高いと言われているラブレターによる告白に焦点を当ててみます。

ラブレターを書く上で、絶対に失敗しない書き方を経験と体験談を元にまとめてみました。

 

f:id:unexmemo:20170212092849j:plain

  

 

  Contents

 

 何を伝えたいのか明確にする

告白といっても、「好きです。付き合って下さい。」だけでは味気ないですよね。

これだけではラブレターを作る意味がありません。

ラブレターは想いを紙いっぱいに書けるわけですから、味付けしていきましょう。

 

相手の何が好きか、どれほど好きか、告白を成功させることだけに着目せずに、自分の想いをラブレターに込めて下さい。

心がけることは、ラブレターに想いをどれだけ詰め込めるかです。

そのようなラブレターは、貰った人も嬉しいはずです。

 

 

下書きを作る

何を書くか決まったところでラブレターを作っていきましょう。

ここで便箋に手を伸ばしたあなた。

失敗しますよ。

 

いざ紙に書くとなると、頭の中に構想があっても上手く文章にできないものです。

まずは完璧な下書きを作りましょう。

下書きを作るときのポイントは、緊張しないことです。

緊張していたら肝心なことを書き忘れることがあるため、落ち着いて書いていきます。

 

 

鉛筆で書く

それでは実際に告白で使用する便箋に書いていきましょう。

下書きで書いたものを便箋に写していきます。

 

この時、絶対に鉛筆で書いてください。

ボールペンなど消えないペンで書いてしまうと、文字の誤りがあれば、そのラブレターは失敗です。

相手に渡す以前の問題です。

 

鉛筆で書いておけば、文字の誤りがあった場合でも消しゴムで消すことができます。

この方法を用いることによって失敗のリスクを減らしていきましょう。

 

 

便箋は多めに用意しておく

 ラブレターを鉛筆で書いたとしても、消しゴムで誤字を消す時に勢い余って紙を破いてしまうことがあります。

破れた便箋はラブレターとして最低です。

破れた時点でそのラブレターは失敗と言えるでしょう。

 

そこで、そのような時の対策として便箋を多めに用意しておくといいでしょう。

備えあれば憂いなしです。

私のこれまでの経験から便箋は最低でも10枚ほど買っておくのが良いとわかっています。

 

 

 清潔な空間でラブレターを書く

ラブレターは良い環境下で書く必要があります。

一番やってはいけないことが、ダイニングテーブルでラブレターを書くことです。

 誤字脱字やしわが一切ないラブレターが出来たとしても、油や醤油のシミがあればそのラブレターは失敗と言えるでしょう。

 

ダイニングテーブルには紙に悪い様々な罠があります。

これは書斎のデスク、リビングのこたつなどにも同様に紙に良くないトラップが多くあります。

 

このような場所でラブレターを書く場合、最初に机や台などを清潔にすることを心がけましょう。

綺麗な布巾で机を清潔な状態にします。

机の汚れが紙に付いた時点で、そのラブレターは失敗です。

 

f:id:unexmemo:20170212093122j:plain

 ▲手も洗っておくように

 

 

まとめ

紹介した5項目を全てこなすことで、絶対に失敗しないラブレターを書くことができます。

誰が見ても綺麗で汚れがひとつもないラブレターを作ってみましょう!

 

 

広告を非表示にする